NYの片隅から日本の片隅へ。

2017年8月からアメリカのNY州フレドニアで交換留学をしていたモラトリアムがちな女子大生が日本に帰国してから色々と考えたり間違ったりする奮闘記。

私が心からやりたい、求めていること。

 

 

 

帰りたい。

 

 

 

 

アメリカに。

 

 

 

 

外に出たい。

 

 

 

 

ここ以外に。

 

 

 

 

 

 

もう一度旅立ちたい。

 

 

 

 

 

今度はもっと深く、息を吸うように、

 

 

 

 

心を磨いていくように。

 

 

 

 

どんなに辛くても、それを楽しめるように。

 

 

 

 

そして自分の人生を一つの小さな物語にできるように。

 

 

 

 

 

 

飛び出したい。

 

 

 

 

 

 

選択肢

 

 

結果論で言えば私は何も成し遂げられなかった。

 

 

 

卒論も書けなかった。

 

 

 

自分の生き方も今のまま変えられなかった。

 

 

 

ずっと小さな箱のようなこの部屋に閉じこもって、

 

 

 

外の世界を見ることを諦めてきた。

 

 

 

私の人生はいつもこんな感じ。

 

 

 

一度箱の外から出てしまえばすごく簡単に物事が運ぶ。

 

 

 

だけど必ず私はここに帰ってきて、

 

 

 

また同じような景色と、同じような毎日を繰り返してしまう。

 

 

 

それは私が望んでいることのように。

 

 

 

 

違うとも、そうとも言えない。

 

 

 

 

だから、私は自分がどんどん嫌いになる。

 

 

 

 

悔しい。

 

 

 

 

 

本当は心の底から悔しいと思っているはず。

 

 

 

 

そうでなきゃいけない。

 

 

 

 

だけど、箱の中に入っている私は、

 

 

 

 

全然そう思わない。

 

 

 

 

だって、外が見えないから。

 

 

 

 

 

自分の世界だけを見ているから、全然、

 

 

 

 

何も感じなくなってしまった。

 

 

 

 

 

それに対しては本当に、悲しい。

 

 

 

 

 

私はもっと楽しめる。

 

 

 

 

もっと喜びを全身から感じることができるはずなのに。

 

 

 

 

 

帰ってきて、

 

 

 

 

少しづつ心に染み付いた暗い色に、

 

 

 

 

 

 

動きを止められそうになっている。

 

 

 

 

 

 

すごく悲しい。

 

 

 

 

 

 

 

ワクワクする方向。

 

 

 

 

私が今一番やらなきゃいけないこと。

 

 

それは自分がワクワクするようなことをして、自分を喜ばせて、

 

 

そのことで人を幸せにすること。

 

 

私はかなり不器用だから、自分が好きなことを素直にすることが難しい。

 

 

 

でも、私はやりたい。

 

 

 

 

私が楽しいこと、好きなこと、

 

 

 

 

 

誰かに教えること、誰かを応援することで生きていきたい。

 

 

 

 

それが私の生きがいだから。

 

 

 

 

 

氷の心。

 

 

 

 

 

冷たい。寂しさもそうだけど、今の心の中が冷たくて何も感じない。

 

 

小さな池に氷が張って、その中に閉じ込められたみたいに、

 

氷の下で溺れていく寸前。

 

 

 

 

一度閉じ込められた場所からは、二度ど出てこれない気がする。

 

 

私の生きるところはこの中なのかな。

 

 

 

そうだったら、もう何かを楽しいと感じたり、生きている喜びを感じることはないのかな。そんな寂しい人生になってしまうのかな。

 

 

私の人生って。

 

 

なに。

 

 

 

心のすり減り。

 

 

 

やっぱり辛い。

いくらポジティブになろうとしても、頑張ろうとしても。

できない。今の私にはできない。そんな考えがずっと浮かんできて、

やらないを選ぶ、できないを決める。

 

 

まだ何も終わらせていないのに。

まだ何もできていないのに。

私は何をしているんだろう。

 

辛い。

 

 

浮かんでくる考え。

 

 

 

 

今心の中で浮かんできた考え。

 

 

 

私はなんてもったいないことをしているのだろう。

 

今日起きてから今まで少しだけやらなければいけない課題に取り組んでいた。

 

そうしたらアメリカでやってきたこと、自分が積み重ねていきたことが思い出されたり、考えたりしていて、

 

ああ、自分はこの半年ほど何をしていたんだろうという気持ちになっている。

後悔、だと思う。

やっていて楽しいし、やりがいのあることを私は持っていた。

 

卒論を書き上げることだって、多分できただろうに。

なんでそれをせずに逃げ回っていたんだろう。

もったいない。

そんな気持ちがどっと押し寄せて来た。

 

今は、少し怖い。

どうしたらこの気持ちをポジティブに変えることができるのだろうか。

どうしたら今の状況を少しでも良く変えることができるのだろうか。

 

そんなことをずっと考えている。

私は進みたかった。

自分の信じる道に。

 

形にしたかった。最高の状態で。

今、崩れていく自信をどうにかして食い止めたい。

私が私に一番いい方法で自信を持たせてあげたい。

 

どうすればいいのか。

どうすれば自分の信じた道を歩いていくことができるのか。

 

 

何が答えなのか。

 

 

心、安らぎ。

 

 

 

昨日はかなり自分のことを客観的に考えたり、他の好きなことを考えたりしていて、

ここ数ヶ月間か忘れていた、自分自身でいることを思い出せた気がする。

私が自信を持って自分でいられるときは、自分が何が好きで、何を大事にしていて、どうありたいって具体的なビジョンが定まっているときだけど、

今はなかなかそのビジョンが持てなくて、目標がない=自分はダメなんだ

って言う根拠のない方程式を立ててしまっていた。

でも、本当は、ダメな自分=ありのまま、私のまま

って言う方程式が正しくて、誰かと比べたり、以前の自分と比べたりすること自体が間違っているってことに気がつかなかった。

 

私の中で達成しなければいけないことはある。必ずある。

甘えている部分を、上手に無くしていって、自分の足で誰かを幸せにしてあげられるようになること。

今やるべきことに集中して、未来の自分にも楽しい時間をあげること。

でも、それをする上で今の自分が楽しくなかったり、何か喜びを感じられなかったりするのは、間違っている。

私の中にある喜びの種を枯らしたままにしてはいけない。

しっかり水をあげて、少しずつ育ててあげなければいけない。

そして、それは他の誰かではなく、私にしかできないこと。

私が自分で種に栄養を与えて、水をあげて、花を咲かせてあげないといけない。

 

 

今日はすごく寒くて、外は霰が降っている。

私はお気に入りのブランケットを膝にかけて、暖かい部屋でこれを書いている。

少し乾燥した手には、ニューヨークの小さなお店で買ったほんのりココナッツの匂いのするハンドクリームを塗って、

唇にはフレドニアで5kを走った時に商品としてもらったラズベリーの匂いのするリップをつけて。

今日は美容室に行こうか、それとも部屋で書き物をしようかと考えている。

 

 

そんな12月の一日。